バイナンス(Binance)とは何か:海外仮想通貨取引所の基礎知識

Binance(バイナンス) は,100銘柄以上の仮想通貨を取引するためのプラットフォームを提供する,海外仮想通貨取引所です。

2018年初頭以来,Binanceは世界最大の取引量を誇る仮想通貨取引所となっています。

バイナンスの歴史

CEOのChangpeng Zhaoは,2005年に上海でFusion Systemsを設立しました。同社はブローカー用の高頻度取引システムを構築しました。2013年に彼は仮想通貨ウォレットのチームの3番目のメンバーとしてBlockchain.infoに入社しました。彼はまた,OKCoinで1年未満CTOとして働いていました。これは,フィアット資産とデジタル資産の間のスポット取引のためのプラットフォームです。[2]

同社は中国で設立されましたが,2017年9月の仮想通貨取引の中国政府禁止に先立って,サーバーと本社を中国から日本へと移動させました。[3] 2018年3月までに台湾にオフィスを開設しました。[2]

2018年1月 13億ドルのBNB時価総額で世界最大の仮想通貨取引所となった。[1]

2018年3月 Binanceは日本と中国での規制強化の後,マルタに事務所を開設する意向を発表。[4]

2018年4月 バミューダ政府が,グローバルコンプライアンスセンター設立のため,Binanceとのパートナーシップ(“BdaGovernment’s partnership with binance to establish a Global Compliance Centre in Bermuda creating 40 jobs”)を発表。

2019年 Binanceはヨーロッパでの影響力を拡大することを目的として,親のBinance.com取引所から独立した組織であるBinance Jerseyを発表。ジャージーを拠点とする取引所では,ユーロとイギリスポンドを含む通貨対通貨のペアを提供しています。[7]

2018年8月 Binanceは他の3つの大口証券取引所と共に安定した硬貨プロジェクトのために3200万ドルを調達。
安定したコインのアイデアは,Bitcoinや他の一般的なデジタル資産の悪名高い揮発性なしに仮想通貨を提供することです。[8] [9]

2018年9月 Binanceはマルタ証券取引所(MSE)と了解覚書(MOU)を締結。MSEと同社の技術子会社MSXは,Binanceと協力してマルタでセキュリティトークン取引所の開設を目指すとした。

バイナンスコイン(BNB)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です