ビットコインが資産(デジタルゴールド)となる理由(1):動き出したら止まらない

ブロックチェーンは,ひとたび作られて動き出すと,誰かが停止させたり変更を加えたりすることが,非常に難しくなります。

取引記録が非常に改ざんされにくく,システムが半永久的に稼働し続けることは,データ所有の永続性という面で利点があり,ビットコインが「デジタルゴールド」として機能する理由のひとつとなります。

ビットコインの取引履歴はメンバー全員が持っている

ビットコインの取引履歴は,ビットコイン取引に参加するメンバー全員が持っています。

ブロックチェーンは「P2Pネットワーク」上にあるデータ

ビットコインの取引履歴は,ブロックチェーンという,「P2Pネットワーク上の分散データベース」に記録されていきます。

P2Pネットワークは,ネットワークにつながっているノード(コンピュータ)のひとつひとつが,対等なシステム運用者となります。

P2Pネットワーク上のデータであるビットコインの取引履歴は,ネットワーク上のすべてのコンピュータが,等しく保持しています。

P2Pネットワークのどこかで新しい取引が発生した場合は,その取引記録が正しいことを各コンピュータでチェックされた上で,ブロックに書き込まれます。

私たちが普段使っているのは「クライアント-サーバ型ネットワーク」

私たちが普段利用している「インターネット(WWW:ワールドワイドウェブ)」「銀行のネットバンキング」「オンライン株取引」などは,P2Pネットワークではなく,すべて「クライアント-サーバ型」という中央集権的なネットワーク構造になっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です